Read between the lines

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
ブラック・スワン
仕事帰りに観た 「Black swan (ブラック・スワン)」。




物語のすべてが、主人公ニナ(ナタリー・ポートマン)の
心象風景として展開していく。

物語の序盤から不安定なカメラワークが続く。
寄り過ぎたり、ブレたり、激しく動いたり。
座っていたのはそれほど前の席ではなかったのに、
最初は視点が定まらずにくらくらした。
スクリーンをみつめながらも、頭のどこかがぼんやり痺れていくような感覚。
でも、その視点こそがニナの心の在り方なのだろう。

どこにも休まるところがなく、
どこにいても不安定で
自分さえも信じられず、苦しそうな顔で踊り続けている。
そう、まるで彼女が眠る時に開くオルゴールの中の人形みたいに。

物語を全編に渡って貫くのは
ニナの母親の過干渉と束縛、そして激しく燃える嫉妬。
物語でニナが自ら引っ掻いてつけた背中の傷。
あれは、あの母親が彼女の心に刻印した焼きゴテだ。

私の言うことを聞く、かわいい子(スイートハート)のままでいなさい。
お前は私の言うことを聞いていればいいの。
お前のおかげで私は夢を諦めた。
お前には最初から主役は無理だったのよ。

母親がニナに言っているのは
最初から最後まで一貫して同じこと。
手をとり、支えているようでいて
上のような呪文で娘を抑圧し、支配する。

幼いこどもにとって、母親はこの世界のすべてだ。
だから母親はニナに「大人にならない」ための呪詛を用いた。
悲劇の元凶はこの母親の内側に眠っている。
時に甘い囁きになり、時に黒い怒りとなって
ニナをこどものまま籠に閉じ込めてしまった。
大人にさえさせてもらえなかった彼女は
一体どうしたらよかったのだろう。

純粋で穢れをしらない白鳥。
完璧に美しく、気高い存在。

いい大人の歳になっても、それがニナのすべて。

存在そのものが黒鳥をイメージさせる
ワイルドなライバル、リリー(ミラ・クニス)や
バレエ団の監督トマ(ヴァンサン・カッセル)も
本来ならとても存在感のある役だし、
演技も確かにうまかったのだが、
主人公、ニナを演じるナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技には完敗だ。
神経質で繊細で臆病なニナっていう女が現実にいて
それがそのまま憑依したみたいな凄味があった。
あのか細い喋り方、正気と狂気の狭間で怯える贅肉のない背中が。

演出上、「え?ホラー映画でしたっけ…?」と思うほどの
トンデモな展開もあったけど、
もうぶっ壊れちゃってるからね。ニナ。
本当にあんな風なんだと思う。振り切れて狂ってしまった人の妄想って。
ある意味リアルっていうか…。うう、哀しいなあ。

時に人が持つ心の風景は、厳しい現実をも圧倒し、打ち砕く。
それほどまでに彼女の世界は昏く、狭く、誰も分け入ることができなかった。

狂気の只中にいても、
最後まで
悪魔に魂を売れるほど世慣れていなかったんだね。
ニナ。
嫉妬、恐怖、焦燥、絶望。
あらゆる感情を自分にぶつけることでしか
「パーフェクト」に辿りつけなかった彼女の姿は
とても痛々しくて、哀しい。

物語自体はハッピーエンドとはいかないけれど
ニナが踊るシーンはうっとりと美しかった。
ブレることなく、まわり続けるピルエット。
しなやかに舞う細い手足。
クライマックス近くの黒鳥の迫力ときたら。
バレエという技術を使って描き出した
最高のカタルシスだ。

いくらバレエの経験があっても、
あそこにいたるまでは
大変な努力がいっただろう。ナタリー・ポートマン、すごい。

この難役を、心と身体で演じきったナタリーに拍手を。


以下、余談。

・リリー役のミラ・クニスが、どうもバレリーナには見えない…
 いくらなんでもワイルドすぎないか?かわいいけどさ!
 ニナとの対比をわかりやすくさせたかったのはわかるけど。

・ウイノナ・ライダーがいろんな意味で怖かった…


・トマって案外紋切り型の男だったなあ。
 そんなんじゃ、宗像コーチにはなれないぞ!
 ヴァンサン・カッセル、顔、怖いし。

以上、観賞報告でした。




posted by robaroba | 映画のはなし | comments(0)
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | - | -
Comments







 
Infomation
沖縄で生まれ育った三十路の兼業主婦。好きなモノやコトについての徒然記録です。
Entries
Categories
Archives
Comments
Bookmarks
Recommend
ろばの本棚
welcome
ブログパーツUL5
Others